2009年09月24日

素直さが不可能を可能に

気豊先生の気功ツアー横浜&早稲田が終わり、またまた宇都宮に戻ってきました〜

横浜では、午前中が気の講演会、午後は気功師養成講座で夜9時までみっちりでした。

講演会は横浜のお弟子さん達が積極的にお知り合いの方などに伝えてくださり盛況でした。

先生は、目には見えない気功を目に見える形で物理現象として見せてくれるのですが、その代表的なものが、スプーン曲げと名刺曲げです。

名刺曲げとは、手のひらに名刺を乗せて、片方の手の拳をゆっくり名刺めがけて気のビームを出しながら下ろすと名刺が反ってくるというもの。

実は、この前日の夜、先生とゆかりん一家でファミレスで食事をしていた時に、気豊先生大好きなうちの6歳の息子が急に名刺を手の平に乗せて片方の拳を下ろしながら名刺を反らせてみせましたウッシッシ

しかも、気豊先生より曲がるんですうれしい顔
しまいには、手のひらに載せて気を送るだけで反り返りました冷や汗2

そして、先生がやるように、反った名刺を裏返して反対の手のひらをスーっと名刺の上1pくらい浮かせて二度気で撫でると曲がった名刺が元に戻るということまでやっちゃいました泣き顔

子どもは先入観もなく疑いもなくこの世界やエネルギーを受け入れるのです。

毎月のように気豊先生に会っては甘えているうちに、気が伝導され、「できる気」がしてきたんだと思います。

この夜息子はホテルにお泊まりという嬉しさと、名刺曲げができたことの嬉しさに興奮してなかなか眠れませんでしたふらふら

大人になるといろんな意味で素直さを失っていきます。

自分に自信を持つということも、あまりいろんな情報や価値観にとらわれず、心をピュアにして素直に自分と向かい会うといいのかもしれないですね。

できないと思うだけでできることもできなくなります。

できそうな「気」がしてくるのは素直さが大切なんでしょう。


かづき、アッパレ富士山

子どもに学ぶことは多いですねムード
posted by きらきら☆ゆかりん at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。